確定申告代行

確定申告をするには専門的な知識が必要です。

毎年3月になると確定申告をする人で税務署は混雑していますが、税務署に訪れる人の大部分は税理士に依頼しているのではなく自分で申告書を作成して提出する人達です。

 

医療費控除や年金収入のみでしたらご自身で申告書を作成しても良いのでしょうが、飲食店などを経営している人や一人親方などをしている人は場合によっては無駄な税金を支払う可能性もありますので、なるべく会計事務所に依頼をした方が良いでしょう。

 

例えば一人親方の場合、事業のために支出した経費とプライベートの経費の区別は難しいので、ご自身で確定申告をする場合には経費計上しないという選択肢をとる人が多いですが、税理士に代行を依頼すると適切な事業割合を計算して経費計上してくれるので、その分支払う所得税が少なく済みます。

 

これは家賃にも同じことが言えて、事務所兼自宅の場合、きちんと事業割合を計算しないと税務調査があった際に否認されるのですが、会計事務所に確定申告の代行を依頼すると、税務調査で否認されない金額を計算して計上してくれるので、所得税はもちろんの事、住民税や国民健康保険料の節約にもつながります。

 

中には、税理士に確定申告代行を依頼すると手数料がかかるので自分でするという人もいますが、依頼すると青色申告特別控除の適用を受けられる分、大幅に節税をすることができますので、所得金額が500万円以上ある納税者は必ず税理士に依頼をするようにしましょう。

 

確定申告代行の情報はこちらに掲載されています。⇒http://www.ecoclub-becharre.org/